2016年5月3日火曜日

ブログ記事の目次 / 更新情報

------------------------------------------------------------------------------------------
目次(編集中・暫定公開)


1. AMラジオの設計



(1) 中波ラジオ (LED雷検出機能付き) の設計



(3)ダイオードDBMとオペアンプを使ったスーパへテロダインラジオの設計



(4) 長波ダイレクトコンバージョン受信機 LF Receiver (135KHz) とコウモリ受信機(バットディテクタ)の設計



(5) 聞こえなかった組み立て式ラジオ・キット



(6) 異常動作するスーパヘテロダイン・中波ラジオ



(7)【朗報】スーパヘテロダインラジオの新しい設計法



(8) 百円ラジオをLTspiceで設計・再現する



(9) 家電品ラジオ,カーラジオ用IC技術資料 ラジオ・受信機製品動向



(10) 日本製ラジオキットのトラブル対策情報



(11)ラジオ・キット KM-88 不具合原因解析と対策(改良設計) 暫定版



(12) 魅惑の名機 RJX-601



(13)どうしてラジオは聞こえるの?(ラジオが聞こえる仕組み)[NEW]



(14)FET(2SK241/2SK192)入力+BJT TR高周波増幅式ストレートラジオの設計と特性/性能見積もり [NEW]



(15)高品位・高音質・高感度AMラジオ・システム

(スタンドアロン動作対応/マイコン制御対応可) [NEW]


(16)低感度用途向け(強電界送信電波モニター用)ダイオードDBMダイレクト・コンバージョン受信機 [NEW]

 

(17)74HCU04を使ったホモダイン検波/引き込み線式同期検波/プロダクト検波/ダイオード検波ラジオをパソコン計算/LTspiceで再現する [NEW]




2. AM変調 送信回路・AM復調 受信回路


(1) AM変調の原理実験



(2) ベース変調式AM送信機の基礎実験



(3) 低電力AM変調方式によるAM変調信号の生成原理



(4) バイポーラ型トランジスタによる終段コレクタAM変調方式によるAM変調信号の生成原理



(5) CQ出版社が新方式高性能AM送信機を発表



(6)ギルバートセル型乗算器をBJTトランジスタで構成したAM変調器(50[MHz]対応)



(7) AM変調(電圧)信号をグラフに書く



(8)AM変調波/DSB変調波/SSB変調波をグラフと数式で見える化(可視化)する [NEW]



(9) What was wrong in designing AM transmitters ? (preliminary)[NEW]



(10) OPアンプでAM変調が出来るかどうかの検討

Checked if OP-Amp could generate AM modulated voltage signal



(11)高品位AM/DSB変調器(ギルバートセル乗算器(6TR構成)使用) [NEW]



(12)シンプルなリング変調回路によるAM変調/DSB(SSB)変調回路と奇妙な回路特性 [NEW]



(13)ギルバートセル乗算器を使ったAM変調/DSB変調器の設計 [NEW]



(14)AMベース変調回路 実現可能性の再検討結果 [NEW]


(15)ダイオード4本のリングモジュレータを使った低電力式AM変調器の設計 [NEW]


(16)従来式2段コレクタ変調によるAM変調信号の歪み現象を数式で表現する [NEW]


(17)キャリア周波数・アナログ乗算式ベースAM変調方式(仮名称)の基礎計算実験 [NEW]

 

(18)BJTトランジスタ1石によるAMコレクタ変調特性の基礎計算実験 [NEW]

 


(19)BJTトランジスタを使ったAMコレクタ変調回路歪み特性の計算評価と 実験経験との比較検証 [NEW]



3. AM変調 検波理論


(1) I designed 1 shotkey diode crystal radio



(2) Can 1 diode crystal radio transmit AM/RF signal to the air if we talk to crystal earphone ?



(3) ゲルマニウムラジオが聞こえる仕組みについての解析



(4) 各種ゲルマニウムラジオの実験



(5) 包絡線検波で起こる電気的現象の解析



(6) 理想ダイオード検波とダイオード検波の原理実験 再評価



(7) ダイオードの直流電圧:直流電流 指数関数曲線の不思議な話



(8) 不思議なAMラジオ検波回路解析の謎



(9) 各種検波ダイオードのAC特性比較と、ダイオード検波回路・ゲルマニウムラジオ(Crystal Radio)の改良



(10) リング構成ダイオード検波回路 低雑音化効果の発見



(11) AM変調波を復調する時に発生する復調信号歪みとその低減化効果



(12)【再挑戦】NHK 再放送(2012) バケツラジオをスピーカで受信したい



(13) Checked how the envelope detector works by the traditional theory in about 1925



(14) 包絡線検波器(ダイオード検波器)理論解析の課題



(15) 同期検波 資料(AM放送/送信局を同期検波方式で復調する方式の資料)



(16)アナログスイッチによるAM復調回路とダイオード検波の性能比較・見積もり (暫定版) [NEW]



(17)Synchronized AM demodulator by using “IQ demodulator” and calculations of square-multiplying and square root 

(Preliminary)  [NEW]



Checked if 2 diodes demodulator can decode FM/AM modulated radio without LC tuned circuit [NEW]



(19)リング構成ダイオード検波方式による復調歪み低歪化効果 その2 [NEW]



(20)LTspiceで見るゲルマニウム・ラジオ(Crystal Radio)検波回路のピーク・ホールド動作 [NEW]



(21)ダイオードAM検波回路に見られる広帯域周波数上の複数放送局の同時受信検波特性 [NEW]



(22)高音質・ワイドダイナミックレンジ特性を持つベース定電流制御式BJT検波回路 [NEW]



(23) LTspiceによるダイオード検波回路の等価回路計算とモデリング評価[NEW]



(24)AMの過変調,包絡線検波方式,プロダクト検波方式の謎を解く[NEW]


(25)ダイオード・ミキサを使った疑似AM送信機の原理計算 [NEW]




4. FM変調 送信回路・FM復調 PM変調 受信回路


(1) FMワイレスマイクの実験



(2) 90MHz FM ワイヤレスマイクの実験



(3)バリキャップによる周波数変調 FM変調送信機(FMワイヤレスマイク)[NEW]



(4) How can I design Quadrature FM Demodulator / Detector ?



(5) クアドラチュラ位相検波方式の位相復調品質改良方法



(6)クワドラチュラ(Quadrature) PM/FM 復調回路動作の基礎検討[NEW]



(7) FMレシオ検波式ダイオードラジオの実験





(9)2個のLC共振回路を使ったFM復調回路(仮名称:2列LC同調型FM検波回路)復調性能の検討[NEW]



(10) FM変調波(電圧)信号をグラフとFM変調・FM復調原理の見える化



(11)レシオ検波による80MHz FMダイオードラジオの性能見積もり[NEW]



(12)和音:ド・ミ・ソをFM変調で送信し、受信する:

レシオ検波回路のFM復調動作[NEW]



(13)FM復調回路:フォスターシーレイ検波とレシオ検波の机上計算テスト【知られざる特性】[NEW]



(14)バリキャップによる周波数変調 FM変調送信機(FMワイヤレスマイク)

[NEW]



5. SSB変調 送信回路・受信回路


(1) PSN方式によるSSB変調信号の生成原理



(2) Poly Phase Filter の利得と位相特性のspice解析



(3) アナログPSN方式SSB変調回路用 Poly Phase Filter ( 90 deg. Shifter) 利得・周波数特性の補正実験



(4) SSB送信機の設計:リング変調回路の実験



(5) リング復調器の実験(長波 135KHz対応)





(7)SA612/NE612 SA602/NE602 14MHz受信機のAGC効果の計算[NEW]




6. SDR(Software Defined Radio)の設計


(1) SDR(Software Defined Radio) front-end for receiver and transmitter (ソフトウェア無線機用フロントエンド:受信用フロントエンドと送信機)



(2) SDRで使われるアナログ・スイッチを使ったSSB送信機の例



(3) Direct Digital Sampling Method ( ICOM IC-7300)









(7) The principle to generate SSB modulated signal by using IQ modulator  (PSN method)  [NEW]



(8) IQ変調器(直交変調器)を使ったPSN法によるSSB信号の生成方式 

(日本語版) [NEW]



(9) The principle of SSB modulator / transmitter of “Weaver PSN method by using “IQ feeder” and “IQ modulator” (Weaver’s PSN method) (preliminary) [NEW]





(11) The principle of “IQ orthogonal demodulator with 2 phase orthogonal Oscillator” (Preliminary) [NEW]



(12) Theory of FM/PM modulation using IQ modulator( preliminary ) [NEW]



(13) Theory of FM/PM demodulation using IQ demodulator

( preliminary ) [NEW]



(14)適応型フィルタを使ったノイズ・キャンセル実験の紹介[NEW]



(15)アナログスイッチによるAM復調回路とダイオード検波の性能比較・見積もり(暫定版) [NEW]



(16)Synchronized AM demodulator by using “IQ demodulator” and calculations of square-multiplying and square root (Preliminary)  [NEW]



(17)IQ直交変調器を用いたAM低電力変調方式(SDR用)[NEW]



(18)IQ直交復調器を使ったAM変調電波の復調(SDR用):ダイレクトコンバージョン式[NEW]



(19)どうしてラジオは聞こえるの?(ラジオが聞こえる仕組み)[NEW]



(20)数値演算式AM変調/DSB変調送信機の基本設計(Direct Sampling Method準拠)計算基礎実験[NEW]



(21)数値演算式FMステレオ送信機(SDR/Direct Sampling Method)の基本設計




7. 高周波増幅回路 中間周波増幅回路



(1) 74HCU04 3段式ストレート高周波増幅器の実験



(2) IF Amp 2 transistors and diode AM demodulator by one diode



(3) NJM4580でHi-Q RC Filter IF アンプを試す



(4) ラジオのLC並列共振回路で発生し得る電波振動現象



(5)OPアンプ(LT1359) 高周波ワイドアンプとその応用(ラジオ用中間周波数増幅回路)[NEW]



(6)LC並列同調回路の同調特性とQ(Quality Factor)の最適値に関する検討[NEW]



(7)複同調回路の同調特性例:C結合とL結合 [NEW]



(8)IFT 455KHz 中間周波数コイルで発生する周波数の同調ずれ現象とその解決方法[NEW]



(9)ラジオ/受信機用電圧昇圧特性をもつフロントエンド同調回路と発振現象のリスク/その回避方法[NEW]



(10)高性能OP AMP LT-1359を使ったIF増幅器の設計(455KHz 対応)[NEW]



(11)VGA(電圧可変アンプ) VGA6910-3 IFアンプのお試しテスト[NEW]


(12)ラダー型クリスタルフィルタ・セラミックフィルタの設計方法(暫定版) [NEW]





8. 周波数変換回路 (Mixer)


(1) 各種DBM(Double Balanced Modulator)の特性比較



(2) Improving quality of my Analog Switch DBM

  / アナログスイッチ使用DBMの改良



(3)アナログ・スイッチを使ったDBM Mixerと高感度・高音質ラジオへの応用[NEW]



(4) オペアンプ差動回路で周波数変換はおこるか?



(5) OPアンプでAM変調は出来るかどうかの検討[NEW]

Checked if OP-Amp could generate AM modulated voltage signal



(6) 乗算器 (ミキサー,周波数変換回路) 参考文献









(10)ギルバートセル乗算器によるラジオ受信機用周波数混合器の設計 基礎性能実験[NEW]



(11)ワイド・ダイナミックレンジ動作を目指す高周波/RFミキサー回路[NEW]




9. 基礎的な各種電子回路



(1) ダイオードの交流特性・高周波特性



(2) スイッチングダイオードの高周波高速スイッチング動作 評価・シミュレーション実験



(3) トランジスタのスイッチング動作 (2N2222, 2SC1815)(マイコン接続への応用向け)



(4) 3端子定電圧電源レギュレータIC 7805, 7812, 7815 入力過電圧に対する回路保護動作



(5) 電子ホタル(非安定マルチバイブレータ)の改良



(6) 多連式(3段〜6段)巡回点灯式 (新方式) 電子ホタル



(7) 低周波信号のピークホールド回路



(8) EDNの低雑音AGC制御アンプを試す



(9) Standby Beep circuit



(10) テルミンの再現実験



(11) 3連LED点滅回路(電飾実験用 Lチカ)の動作確認と消費電力効率の課題[NEW]



(12)ワイドラー(Widler)定電流源のシミュレーション設計[NEW]





10.発振回路


(1)JFETを使った正弦波発振回路波発振回路(1.7[MHz])



(2) トランジスタ使用のコルピッツ発振回路が発振しない原因



(3) 低周波発振性能はトランジスタ対オペアンプLT1359 軍配はどちらに?



(4) 三角波の発生



(5) 高速応答・高純度サイン波発振器



(6)従来式スーパヘテロダインラジオ用局部発振器の広帯域発振 性能限界の評価 [NEW]



(7)サイン波発振器のクロック信号波形変換回路の設計[NEW]


(8)トランジスタによる水晶正弦波発振器の設計 (14MHz) [NEW]

 

(9)色々な水晶クロック発振器と正弦波生成方式 [NEW]

 

(10)VXO式/Super VXO式 周波数可変型 水晶発振器の設計 [NEW]



(11)水晶クロック発振器の設計: 周波数 1MHz TTL/CMOSレベル (74HCU04使用) [NEW]




11. オペアンプ 基礎回路・ 応用回路


(1) オペアンプ LT1359 の増幅性能テスト



(2) オペアンプによる差動アンプ 0Hz-2MHz対応(電圧利得40dB)



(3) 単電源動作対応 オペアンプによる位相シフト回路の設計



(4) 理想ダイオードの特性の一例 (理想ダイオードの理想とは何か?)



(5) オペアンプによる低周波BPF,中波ラジオ用BPFの設計



(6) オペアンプ(LT1359)を使ったコンパレータの動作



(7) LM741 OPアンプ トランジスタモデルとspiceモデルの特性比較 



(8) 高品位低周波正弦波(サイン波)発振器 Ween Bridge オペアンプ構成のテスト



(9) なぜ微分回路、積分回路は、数学的微分積分の値が対応しないのか?



(10) OPアンプのオフセット誤差を計算で補正回路を構成する方法

 

(11)コイルを使わないGIC同調回路とそれを使ったダイオード検波AMラジオ[NEW]



(12)OPアンプ(LT1359) 高周波ワイドアンプとその応用(ラジオ用中間周波数増幅回路)[NEW]



(13) OPアンプでAM変調は出来るかどうかの検討[NEW]

Checked if OP-Amp could generate AM modulated voltage signal



(14)OPアンプコンパレータ使ったパワーオン遅延回路[NEW]




12. 小信号アンプの基礎


(1) 交流トランジスタ等価モデルによる小信号トランジスタアンプの設計



(2) 電源電圧5V(単電源) +80dB電圧ゲインの小信号アンプ実現の可能性



(3) 対称型DC低周波アンプの基礎実験



(4) トランジスタ式差動アンプ



(5) 汎用トランジスタを使ったベース接地アンプ、エミッタ接地アンプの特性



(6) 単3乾電池1.5Vで動作するトランジスタ1石低周波アンプ回路(2方式)



(7) 失敗している(?)教育文化:BJTトランジスタ, FET, 真空管アンプ設計法の教育



(8)3V動作 トランスレス型 3 BJT トランジスタ 低周波パワー・アンプの設計 [NEW]


(9)FET 2SK30によるマイクアンプ回路と性能評価:半導体デバイス日進月歩の一面を探る[NEW]



(10)小信号・高周波/RF JFETアンプの設計法を探る(2SK241,2SK192対応) 暫定版 [NEW]


(11)N-MOS FET , JFETの特性の調べ方、選択方法 ( LTspice 対応) [NEW]

 

(12)差動アンプ 3方式のアンプ特性の比較 [NEW]


(13)LM386 ICパワーアンプ(600mW)と、外付けパワーブースト用コンデンサの効果 [NEW]

 

(14)74HCU04を使った微小電力パワーアンプの性能見積もり{出力 1mW〜2mW(小さな音量)} [NEW]



(15)2SK125 spice model パラメータの評価テスト [NEW]





13. 信号処理とフィードバック制御



(1) 畳み込み積分の分かりやすい説明(Google検索から)とデジカメ等への応用



(2) 現代のアンプとクロスオーバ歪のキャンセリング技術





14. オーディオ、音響



(1) スピーカ設計や使い方の難しさ



(2) SONY 地デジ用枕元スピーカ+リモコン?



(3) 仮想3次元移動音源の制御 概念設計(1/ )



(4)ド・ミ・ソの単音と和音を見える化(可視化)する[NEW]




15. 中学校理科


(1) ULTRA7 豆電球星人の侵略 (豆電球とオームの法則:中学校二年生理科)



(2) ULTRA7 食塩水星人の侵略 (食塩水の電気分解実験 :中学校二年生理科)



(3)「電子回路で観測される分岐現象」の動画を見て



(4) 星見から天体観測に使えるソフトウェア





16. アンテナの設計



(1)【発見!】アンテナは、使用する電波の周波数により、インダクタンス値、キャパシタンス値、(高周波)抵抗値が変化する。



(2)ダイポールアンテナを集中定数 等価回路で過渡現象解析



(3)MMANA Antenna design data files



(4)Vビームアンテナの利得上昇と指向性の迷信(?)



(5)VCH アンテナ 7MHz用の設計



(6)高速方向切替式 2素子 八木アンテナ

---


(7)ヘンテナと長方形ループアンテナ(マッチングスタブ・レス型) 50MHz/6m Band 対応 [NEW]


(8)ヘンテナのSWR調整方法を計算で求める(ヘンテナの謎を解き明かす)

[NEW]




17. 電子・電気回路設計用の数学基礎


(1)電気回路,電子回路,電子デバイスのふるまいは複素数平面上に存在する



(2)実在する虚数 その後: サイン関数の持つ新たなる顔



(3)【存在する虚数】交流電圧1Vの運動する姿に,実在する虚数 i を探す



(4)複素数電圧平面上の交流電圧の時間関数の動き,交流の正体をつかむ



(5)続【存在する虚数】実数数直線と直交する複素数平面は無限の数面が存在するの?(地デジの直交変調電波との関連で)『バカボンの予想』



(6)Mac/OSX Maverics/OSX Yosemite用 便数値利な計算ソフト



(7)電磁波(電波と光)の電磁波源(または光源)近傍での平面波発生過程の謎





(9)低高度〜高高度軌道 人工衛星軌道計算プログラム(一例)[NEW]



(10)LC Tuning frequency calculation by Javascript (Test version: Worked OK)[NEW]



(11)直交(電波)信号の加算現象[NEW]

---


(12)Maxima for OSX Yosemite /Macbook 2013 Late インストール メモ How to install [NEW]



(13)Scilab 5.5.2.1 for Mac OSX Yosemite/ Macbook Pro. 2013 Late インストール方法・メモ [NEW]


※連絡メモ※
本ブログの改訂が現在遅れています。
お気づきの点は、この下のメール宛てか、
にお送り願います。2016/11/23


本ブログでは、主として、従来まで簡単に動作すると久しく言われてきた回路または回路方式が、実際に製作すると、その動作が再現しない回路が大変に多くあるという実経験から、spiceによりそれらの不具合発生がコンピュータによる数値演算で再現することを確認し、その原因となる理論ミスを新たに発見し、もともとの理論を修正し、不具合を伴う回路の理論と設計の修正ができることをspiceによる計算と、実実験で確認しています。


現在のところ、回路上の設計不良はLTspiceで忠実に再現され、実波形もシミュレーション結果そっくりに出てくること理論の不具合を修正すれば期待する回路実動作結果が得られることがわかって来ています。


一方、シミュレーションは、例えばトランジスタのモデルデータに不具合データを含んでいる場合があると、期待する計算結果が得られない場合がありました。そうした信頼性が不明の spice model データも日本国内のインターネットに相当数出回っていることも確認しています。そうした事実と異なる記事や、理論ミスを含む記事には十分に気をつける必要があると感じています。そうした誤った(未修正または根本的勘違いの理論)教育情報・資料を鵜呑みにすると、多く人が多くのコストと時間が失われてしまいます。


本サイトでは、理論と設計法の再現性を重要視し、数学、電気・電子工学の理論修正と設計手法の新構築に努力しています。
多くのミスの原因は、ケアレスミスによる勘違いか、先生や書籍から間違いを教わったことによる誤った思い込みのようですが、既存のやさしい数学、電気・物理学を道具に使うだけでも、そうした多くのミスを修正でき、再現性が確実となる期待結果を得られる設計ができることがわかってきています。
2016/9/18


メールでの問い合わせはこちらへ (QR CODE)